センターについて

ラーニングアナリティクスセンターについて

 近年、学生の主体的な学びを促進すると共に、それを保証するための教員の教育力の向上、教育方法の改善をめざして、アクティブラーニングや反転学習など、様々な学習活動の取り組みがなされています。このような状況の中、九州大学は、2014年4月から、「学び続けることを幹に持つ、未知な問題や状況にも果敢に挑戦するスピリットと行動力を備えた人」である「アクティブ・ラーナー」の育成を教育目標に掲げ、基幹教育を開始しました。アクティブ・ラーナーとして、生涯にわたり自律的に学ぶ姿勢を身につける過程においては、「何を学習したか」ではなく、「いかに学習したか」が重視されます。また、その学びの過程を振り返り、これまでの行動の改善点を考え、計画を立てて実行することも重要です。一方、教員に対しても、常に学生の行動に目を向け、アクティブ・ラーナーの育成を促進するために講義内容を改善していくことが求められます。

 そこで学習活動のプロセスを記録し、そのデータを分析することによる教育改善を目的としてラーニングアナリティクスセンター(LAC)を設置しました。

センターの取り組み

当センターでは、教育・学習に関連する学内のデータやエビデンスを一つにまとめ、これらに基づき、教育・学習の改善案を提案し、教育改革を推進します。主な業務は以下の部門を配置し行います。

研究推進部門

 ◇ 学内の学習ログ・教育ビッグデータの分析・可視化による教育・学習の支援の研究

 ◇ ラーニングアナリティクスやその応用システムの開発等の研究推進

データ管理部門

 ◇ 学内の学習ログ・教育ログデータを統合管理する大規模データベースの研究開発

 ◇ 学習・教育ログデータの記述・管理・公開方法に関する国際標準等の提案

企画・評価部門

 ◇ データ分析を用いた教員・学生・TAとの相談による教育改善・学習改善を提案

 ◇ データ分析をもとにした教育評価

システム運営サポート部門

 ◇ M2B(みつば)学習支援システム(eラーニングシステムMoodle、eポートフォリオシステムMahara、デジタル教材配信システムBookLooper)の
   利用促進とサポート、及びマニュアル整備

 ◇ M2B学習支援システムの管理・運用


取り組み紹介ビデオ(ダイジェスト版 約3分)


※音声が出ますのでご注意ください

取り組み紹介ビデオ(約10分)


※音声が出ますのでご注意ください


LACニューズレター

 LAC Newsletter Vol.1 (PDF)【2016年8月発行】

 LAC Newsletter Vol.2 (PDF)【2016年10月発行】

イベント

第3回九州大学基幹教育シンポジウム(2016年11月23日)

  開催案内はこちら PDF(1.0MB)

  ≪講演資料≫
  = 第1部 LAの実践 =
  【挨  拶】九州大学 理事・副学長・基幹教育院院長 丸野俊一 PDF(2.0MB)
  【基調講演】文部科学省研究振興局 参事官(情報担当) 榎本 剛 「AI/ビッグデータ研究と教育改革への期待」 PDF(1.5MB)
  【特別講演】東北大学大学院情報科学研究科 教授 堀田龍也 「デジタル教科書に関する政策動向とLAに対する期待」 PDF(1.2MB)
  【講  演】九州大学基幹教育院 教授 緒方広明 「九州大学におけるLAの取り組み」PDF(6.0MB)
  = 第2部 LAの研究 =
  【挨  拶】九州大学 理事・副学長 安浦寛人 PDF(2.0MB)
  【特別講演】京都大学情報環境機構IT企画室 教授 梶田将司 「LAによる教育学習活動支援のための情報環境と研究開発」 PDF
  【特別講演】北海道大学大学院情報科学研究科 教授 杉本雅則 「センサーデータの利用とLAへの期待」 PDF(0.5MB)
  【講  演】九州大学基幹教育院 准教授 島田敬士 「学習活動のリアルタイム分析」 PDF

プライバシーポリシー

 プライバシーポリシー(PDF)